男性の医師

不妊治療で悩んでいるなら|夫婦で解決するべき

無理なく続ける工夫を

女医

気分転換が大切

不妊治療は、近年目覚ましい技術の進歩が見られます。何らかの不妊治療を経て授かる赤ちゃんは、年々増加傾向にあります。不妊治療はまず男女共に検査を受け、タイミング療法から顕微授精まで、段階を踏んで行われます。どちらにどのような原因があって不妊の状態にあるのか、しっかり見極めることから治療は始まります。検査や治療で、妊娠の可能性は高まりますが、すぐ結果が出る場合もあれば、何度も挑戦しなければならない場合もあります。そんな時も、自分を追い詰めずにゆったりとした気持ちで治療を続けることが大切です。結果がなかなか出ない期間が長く続くと、どうしても気分が落ち込み疲れ果ててしまいます。そういう場合は、うまく気分転換して煮詰まらないようにすることを心掛けましょう。大阪にはカウンセラーが常駐している病院もあるので、そういう制度もうまく利用しましょう。また、期限を決めて治療を行うことも選択肢の一つです。

良い病院がたくさん

不妊治療を行うに当たって、仕事や家庭との両立は悩ましい問題です。治療の種類によっては、日にちが限定されていたりするので、スケジュールを組むのが難しくなります。二人目不妊の場合も、子どもを預けるところを探したり、お迎えの時間をやりくりしたりと大変な場合があります。しかし、そんな場合にも対応してくれる病院が大阪にはたくさんあります。託児所を完備している病院や早朝や夜遅くでも対応してくれる病院、土日も開院している病院などがあります。困った時には、とりあえず相談してみると、何らかの対応を考えてくれる病院もあります。東京や大阪など、大都市にはたくさんの病院があるので、無理なく治療を続けられるような病院を探すと良いでしょう。大阪の病院には、マッサージや鍼灸治療を行っているところもあり、心身共にリフレッシュできます。